辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。

タイル模様

症状あった対応

どういう状態になったらうつ病の症状が現れたと考えるべきか

うつ病は人間である限り誰しもなりうる病気であり、原因も症状も人様々である。 そういう意味で、周りから病気であると理解されにくくく、またこれだという原因がはっきり特定されにくいため、発見も遅れる可能性も多いのである。 うつ病はその人固有の原因があり、また症状も多様にわたるのである。 人間もまずは動物であるので、一般的に、他の動物のように食べて、寝て、排便して、求愛などしてなど本能に従い行動している。 それが、人間特有の社会環境や気象や災害時などの自然環境など、さまざまな環境に適用していく過程において、本来の行動がとれなく不適合を起こしたり、ストレスを感じたりし、本来の固有の人間らしく生きるには、生きにくいために、心にも身体にも様々な異常をおこすのである。 それにともなう身体的症状、精神的症状があれわれ、極めて元気に生きようとする気力等を欠乏させ弱った状態がうつ病であり、こうなると命が危険だというサインである。 うつ病の症状の例としては、今までできた家事や仕事などが急に出来なくなったとか、疲れやすくなった、今まで楽しめたことや会話が急に楽しめなくなった、小さなことが気になる、急に寂しくなるなどである。

どうすればそれが改善していくのか

通常の健康な健康状態であれば、多少うつ病の症状があったとしてもあまり気にならないでも問題なく生きていけるであるが、ひとたび心や身体のバランスに異常をきたし、きわめて気力等が弱ったうつ病の状態である場合は、一人でがんばろって乗り切ろうとしても簡単ではないのである。 ほおっておくと、身ずから命を絶ったり、食べて寝るなどの生活が困難になったり等命の危険があるのである。 実はまじめでがんばりやであまり融通の利かない人がなりやすいのであるが、発見が遅れる場合も多い。 そもそも、今の時代、監視社会でもあり、過酷な労働を要求したり、時間的にも無理な生活を強いられたり、経済的にも困窮しやすいなど、人間が人間として生きにくい社会環境でもあり、自然環境にすら無理に適用しようとする時代や世の中でもあるわけで、自分やその周りの人が、その症状がうつ病に近いと判断しないかぎり、気づきにくい病気である。 あとは自分や周りが気づいたら、自分で治すのは簡単ではないので、世間体を気にしている場合ではなく、早めのクリニック受診などし、治療や環境に適用するためのリハビリ等を治療を行うのが命の危険を予防する方法で懸命ではあるのである。

Copyright (c) 2015 辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。 all reserved.