辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。

タイル模様

認知度がある

精神疾患の歴史的な変化

近年、うつ病という病気の認知度が上がり、研究も活発に行われてきています。始まりは古代ギリシャ時代からとも言われています。そのときは、うつ病という名称もなく、色々な症状からくる精神疾患を総称して、「メランコリー」と言われていました。その後、ヨーロッパで精神疾患の研究が盛んになります。時が過ぎ、「メランコリー」は一時使われなくなります。しかし、20世紀に精神病理学者か使い始めたことにより、復活します。また、1980年代からアメリカで精神医学会で精神障害の分類を発表して精神疾患が一般的になったとも言われています。また、日本ではうつ病が知られるかなり前から、芥川龍之介や夏目漱石などの著名人などが発症していたのではと分析する研究者もいます。

うつ病症状からみられる動向変化

最近、うつ病の研究も活発になり、新薬の開発も盛んになりました。また、うつ病の症状から分類も細分化され、また、うつ病と思われた患者でも違う病気が隠れていたりする場合もあります。また、仮面うつ病などという名称もでき、症状だけでは判断しにくい症例もあります。このように症状だけでなく、脳の検査など色々な方向から診断、検査して治療していくようになってきています。治療薬ではSNRI、NaSSA、SSRIなどに分類される新薬の登場で治療も格段に良くなっていますが、また、診察していく中で、薬の効きにくいケースなど日々変化しています。治療以外では、 自治体のサポートに体制も変化しています。働きながら治療できるように産業医を配置したり、経済面のサポートとして、医療費の助成などがあげられます。今後は治療しながら、働く人が増加すると思われます。

Copyright (c) 2015 辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。 all reserved.