辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。

タイル模様

介護うるになる

ここ数年で増加しているうつ病

近頃では、介護うつになる方が増加傾向にあります。この介護うつとは、家族を介護するストレスが原因で発症するうつ病のことです。ある調査によると、現在介護している人のおよそ4人に1人がうつの症状があるということが判っています。 家族を介護している時は、強いストレスを長期間にわたって感じることになります。そのため、介護に行き詰まりやすく、経済的にも困難な状態に陥る傾向が高いです。その上、介護以外の仕事や人間関係などのストレスが加わることで、精神的、肉体的に限界になりやすいです。よって、うつ病を発症するケースが多いです。 介護によるうつ病の主な症状は、不眠・過眠、物事に興味がもてない、気分の落ち込み、食欲の低下などがあります。最悪のケースでは、自分を責めて自殺をする恐れもあります。そのため、早期のうつ症状の治療が必要です。

介護によるうつを予防するには

介護によるうつ病を発症させないためには、いくつかの注意点があります。まずとても肝心なことは、介護を自分ひとりで抱え込まないようにすることです。何もかも自分で完璧にこなそうとすると、ストレスに耐えられず心身が疲れ果ててしまいます。よって、介護において家族同士で役割分担を行い、介護から離れて休息の時間をとることが大事です。 その他のうつ病の症状を予防する方法は、介護に関する愚痴や悩みを聞いてもらえる相談相手を見つけることです。自分の抱えている悩みを話すだけでも、心が開放されます。ストレスを上手く発散できるので、気分の落ち込みを防ぐことができます。 上記のことを参考にすれば、介護によるうつを防ぐことが可能です。

Copyright (c) 2015 辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。 all reserved.