辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。

話せばきっと楽になる

TOPICS

冬になると発症する

冬に発症するといわれている「冬季うつ病」。原因は、日照時間が少ないからだといわれています。暗い状態が続くと、精神を安定させるメラトニンというものが分泌されるタイミングがずれるため、うつ病を発症してしまうといわれています。

続きを読む

症状あった対応

うつ病は、いろいろな症状を見せます。そのため、症状にあった対応を身近にいる人が取ることが大切です。また、うつ病を理解することで正しい対応を取る意味を知ることも出来ます。

続きを読む

介護うるになる

最近では、介護うつになる人がふえています。高齢化社会になり、親を介護することがふえています。一人で抱えてしまうことなどが原因になり、うつ病になります。しっかりと対応することが大切です。

続きを読む

他人ごとではない

つらいうつ病の症状にお困りなら、役立つ情報があります。|うつアカデミー

うつ病の症状がどういったものか知っていますか?自覚がないだけで実はすでにうつ病にかかっている可能性もありますよ。

うつ病について考える

うつ病というと、若い頃には自分には関係ない病気と言うイメージでした。 しかし、最近ではあまりも身近にうつ病になる人が増えてきた為に、他人事とは思えなくなってきました。 職場でも、うつ病の増加に伴い、症状が現れる前に予防する対策が取られるようになってきました。 社員に、社内の相談窓口となる電話番号を周知されたり、家族にも調査を目的に資料やアンケートが郵便で届けられるようになっています。 今、それほどうつ病になる方が大勢いらっしゃるのです。 うつ病はもう身近な病気です。 自分もいつ症状が現れるのか分からないと思うからです。 何故なら、発病した方々と同じ職場で働いているからです。 なるべく、ストレスを感じたり、疲れがたまったと感じた時はリラックスする時間を作るようにがけるようになりました。

症状について気付いたこと

さて、気をつけなければならないのは、自分にうつの症状が現れていないか、自分で気づく事はもちろん家族にも気づいてもらう事が大切だと思います。 今まで出来た当たり前の事が出来なるなってくるそうです。 まずは、会社を休みがちになる。 朝、元気に起き上がれなくなるそうです。 私の職場の人はアイロンをかけようとして出したまま、アイロンをかけずに何時間も動かずボーッとしたままになってしまったそうです。 ご主人が驚いて、自殺してしまうのではないかと心配されたそうですが、今は通院を続けながら、職場に復帰されています。 また、こんな症状もあるそうです。 お米をとぐ事すら出来なくなるそうです。 健康な人にとっては、どうしてそんな事くらいできないのか不思議ですが、家事をする気力もなくなるそうです。 ですから、身体や心が重いと思ったら、自分なりに気をつけていますし、家族の状態も注意してあげたいと思います。

引越し時に起こるうつ病の症状

一年の中で春というと、夫の転勤・転職、マイホーム購入によって引越しをされる方が多くいます。実は春の引越しシーズンになると、日本ではうつ病になる方が多くいます。 なぜ引越しでうつ病の症状になるかというと、まず引越しの打ち合わせや手続きが煩雑だからです。その他にも、今まで住んでいた部屋から別れなければならず、寂しい思いをすることも要因です。また、これから築き上げる人間関係への不安によってもうつ病の症状を引き起こします。色々なストレスで、うつが発症します。 引越しうつの主な症状は、部屋の片付けをやらなければいけないのに何も手に付きません。その他にも、食欲不振、無気力、睡眠不足、仕事にいっても集中力が持続しないなどの症状があります。

うつにならないための対策

引越しに伴ううつ病を予防するには、まずはマイペースで新しい生活になれることが大事です。たとえば、引越し時の家の片付けは、一気にやる必要はありません。お皿など日常的に使う物から少しずつ出して、部屋の中を片付けるといいです。最初から頑張りすぎて部屋を片付けてしまうと、精神的にも身体的にもとても疲れます。なので、ゆっくり必要なものから準備をしていけばいいです。 その他のうつを予防する方法は、新天地でお気に入りのお店を1つ見つけることです。たとえば、お気に入りの喫茶店や洋服屋を見つければ、店員さんと親しくなって地域に愛着を持つことができます。そのことによって、新しい生活に少しずつ慣れていきます。上記を参考にすれば、うつを防ぐことができます。

冬季うつ病がもたらされる原因と症状

秋から冬にかけて発症する傾向にあるのが、冬季うつ病というものです。この冬季うつ病の特徴は、毎年涼しくなる秋くらいから症状が現れ、春先になると回復します。なぜ冬季うつ病が起こるかというと、主に日照時間が少なくなるからです。人間は日に当たる時間が減ると、脳の中のメラトニンという物質がちゃんと分泌されなくなります。このメラトニンが不足すると、体のリズムが崩れてうつを生じやすくなります。よって、この冬季うつ病の症状は、北海道や北陸など雪国を中心に多く見られます。 具体的にどのような症状かというと、無気力で何もやる気がしなくなったり、頭が働かず集中できなくなります。その他にも、会社や学校に行けない、甘い物の過食、昼間に眠くて仕方がないという症状が続きます。

認知度がある

最近では、うつ病の名前が多くの人に知られています。また、多くの人がうつ病になり、悩んでいます。うつ病は誰にでもなる病気とされ、多くの科学者は、効果のある治療薬などを作っています。

続きを読む

ストレス社会

現代では、ストレス社会になっており、多くの人がストレスを感じています。そのストレスをうまく発散できすにいるとうつ病になります。うつ病にはいろいろな症状があるので、それにあった治療をすることが大切です。

続きを読む

Copyright (c) 2015 辛いうつ病を発症してしまったら、病院へ行って治療を受けよう。 all reserved.